人気ブログランキング |

タグ:開催要項 ( 17 ) タグの人気記事

第7回「温泉観光実践士」養成講座(2015年)(2015年4月23日)

e0183842_16313780.jpg大阪観光大学観光学研究所ホームページに、開催要項を正式掲載しました。

ご確認の程、よろしくお願い申し上げます。

http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/kouza150627.html

※申込書(PDF)その他、上記リンク先から入手できます。
by onsentourism | 2015-04-23 00:00 | お知らせ

第7回・温泉観光実践士養成講座の開催要項(2015年04月17日)

以下、速報です。

第7回・温泉観光実践士養成講座の開催要項

温泉観光実践士養成講座実行員会
大阪観光大学観光学研究所

【開講の趣旨】
温泉観光実践士養成講座実行員会では、「温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成」を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士養成講座」を開催し、今年で7年目を迎えました。本講座は主に実践面を重視した講座であり、平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。主な科目は「温泉地の歴史」「温泉地と文学」「温泉の成分と泉質・効果」「温泉分析書の見方・読み方」「温泉旅館の経営」などで、その他、第5回からは「温泉地と旅行企画」、第6回は新たに「温泉施設の経営」を開講し、第7回は科目と講師の一部入れ替えを行い、一層の充実を図っております。
温泉観光実践士養成講座実行員会では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。しかし、21世紀に入って、温泉偽装・ガス爆発・レジオネラ症・震災・雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。こうした温泉に関するマイナス面を是正し、困難を克服するための一助として本講座を企画した次第です。
本講座では、全講義受講生に対して、温泉観光実践士養成講座実行員会所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行し、3回以上の受講生に対して「温泉観光管理士」、5回以上の受講生に対して「温泉観光診断士」、7回以上の受講生に対して「温泉観光管理診断士」の認定証を発行致します。
なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所・(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の「温泉経営管理研修会」、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会主催の「温泉観光士」の講座を紹介致します。
ところで、温泉観光実践士の名称ですが、通称「温泉TOP」とします。つまり「温泉トップ」と呼びます。Tは「ツーリズム Tourism 観光事業」、Oは「オーガーナイザー Organizer 組織者、世話人、まとめ役」、Pは「プライオリテイ Priority (時間・順序が)前[先]であること」の意味で、言い換えれば、「温泉観光事業を先に進める世話役」となります。分かりやすい愛称として末永く定着することを願ってやみません。

【講師の紹介】(発表順)
樽井由紀 : 担当科目(温泉地の歴史) 観光学研究所・客員研究員。
山路茂則 : 担当科目(温泉地と文学) 観光学研究所・客員研究員。
高垣 聡 : 担当科目(温泉の定義と分類、温泉の成分と泉質・効果)観光学研究所・客員研究員。
高橋祐次 : 担当科目(温泉分析書の見方・読み方)観光学研究所・客員研究員。
中村源吾・西口正敏 : 担当科目(温泉施設の経営) 花山温泉(和歌山市)。
浦 達雄 : 担当科目(温泉旅館の経営) 大阪観光大学観光学部・教授。
崎本武志 : 担当科目(温泉地と旅行企画) 観光学研究所・客員研究員。  

【開催場所】
大阪観光大学 :
〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目600円、資料代1,500円(記念タオル代込み)。8科目受講(資料代込み)の場合は6,000円とします。1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万3,110円(1泊2食。1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,560円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収致します。なお、シングルユースの場合は、数に限りがありますが、3,000円プラス(税別)となります。また、両日共、昼食(ペットボトル付)が必要な方には、1,000円/1日でご用意致します。

【申込方法】
郵便局から下記の口座に振込後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送り下さい。
 振込先: 口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
       振込期限: (宿泊の場合)  平成27年6月10日(水)
               (日帰りの場合) 平成27年6月17日(水)
       ※宿泊先に部屋があれば、申し込みが遅れてもOKです。
 申込書送付先:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
       大阪観光大学「温泉観光実践士」
       Tel  072-453-8222  Fax  072-453-1451
       e-mail  kouza@tourism.ac.jp
※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせていただきます。一旦振り込まれた料金の払い戻しは、原則出来ませんので、ご留意下さい。

〈お問い合わせ先〉
大阪観光大学「温泉観光実践士」
 Tel 072-453-8222
 Fax 072-453-1451
 e-mail  kouza@tourism.ac.jp

e0183842_1130298.jpg

e0183842_11305593.jpg

by onsentourism | 2015-04-17 11:31 | ニュース

温泉観光実践士養成講座(別府)の開催要項

2015年3月28日と29日に、温泉観光実践士養成講座(別府)を開催します。
次の通りです。近い将来、HPやフェイスブックでもアップします。

2014年2月吉日
温泉観光実践士養成講座(別府)の開催要項
温泉観光実践士養成講座実行員会

【開講の趣旨】
温泉観光実践士養成講座実行委員会では、「温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成」を意図して、2009年7月に、大阪観光大学で、第1回「温泉観光実践士養成講座」を開催し、2014年6月開催で6年目を迎えました。本講座は主に実践面を重視した講座であり、平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。
温泉観光実践士養成講座実行委員会では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。しかし、21世紀に入って、温泉偽装・ガス爆発・レジオネラ症・震災・雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。こうした温泉に対するマイナス面を克服し、困難を克服するための一助として「温泉観光実践士養成講座」を企画した次第です。
本講座は、従来、大阪観光大学での開催でしたが、2014年は神戸市でも開催し、その他では、大阪府内の公民館でも開催し、講座開催地の範囲が拡大しております。
今回は、別府会場を新しく設けることになりました。時期は2015年3月28日(土)・29日(日)の2日間です。別府では、2001年3月25日に別府八湯温泉道がスタートし、今年で15年目を迎えます。平たく言えば、温泉道の記念ベントとして本講座を企画したことになります。
なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所・(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の「温泉経営管理研修会」、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会主催の「温泉観光士」、研究所レベルでは、大阪観光大学観光学研究所主催の「温泉観光実践士」の講座を紹介します。
ところで、温泉観光実践士の名称ですが、通称「温泉TOP」とします。つまり「温泉トップ」と呼びます。Tは「ツーリズム Tourism 観光事業」、Oは「オーガーナイザー Organizer 組織者、世話人、まとめ役」、Pは「プライオリテイ Priority (時間・順序が)前[先]であること」の意味で、言い換えれば、「温泉観光事業を先に進める世話役」となります。分かりやすい愛称として末永く定着することを願ってやみません、

【講師の略歴】(アイウエオ順)
浦 達雄:担当科目「温泉旅館」大阪観光大学観光学部・教授。
小野  弘:担当科目「別府八湯」今日新聞・記者。
河野 純一:担当科目「温泉施設」㈱ユーネット・代表取締役。 
野上 泰生:担当科目「オンパク」野上本館・代表取締役。
宮崎 博文:担当科目「温泉」NPO別府温泉地球博物館・常務理事。

【開催日時と講義内容】
月日内訳時間割 「テーマ」 講師等 
1日目 3月28日(土)
受付09:45-10:15
開講の辞 10:15-10:30 実行委員会
①10:30-12:00 「別府八湯」小野 弘
昼休み12:00-13:00
②13:00-14:30 「オンパク」野上 泰生
休憩14:30-14:40
③14:40-16:10 「温泉」宮崎 博文 
諸連絡16:10-16:20

2日目 3月29日(日)
④10:00-11:30 「温泉施設」河野 純一
昼休み11:30-12:30
⑤12:30-14:00  「温泉旅館」浦 達雄
休憩14:00-14:10
課題14:10-14:40「レポート作成」
閉講の辞14:40-15:00「閉講の辞」実行委員会

【開催場所】曜日で場所が変ります
①3月28日(土):別府市コミュニティーセンター
住所: 〒874-0905  大分県別府市上野口町29−13  電話:0977-24-5320
②3月29日(日):別府市男女共同参画センターあすべっぷ
住所:〒874-0903  別府市大字別府字野口原3030−1 電話:0977-21-8289

【受講定員】受講定員は88人とします。宿泊の方は各自で手配をお願いします。

【受講申込】以下の住所に「受講申込書」を送付するか、持参して下さい。
締め切りは3月20日とします。
〒874-0919別府市北浜1丁目1-20やよいビル1F
別府八湯温泉道名人会事務局内 温泉観光実践士養成講座実行委員会 電話 0977-24-8812

【受講料】振込先は以下です。締め切りは3月20日とします。
ゆうちょ銀行  記号17290  番号17784491
NPO法人 別府八湯温泉道名人会 
トクヒ)ベップハットウオンセンドウメイジンカイ
受講料の内訳:5,000円(資料代・会場費・諸費用を含む)。1科目は1,000円。

【問い合せ先】NPO法人別府八湯温泉道名人会
〒874-0919別府市北浜1丁目1-20やよいビル1F
電話: 0977-24-8812  メルアド: info@beppu88.com

【主催・共催など】
主催:温泉観光実践士養成講座実行委員会
共催:NPO法人別府八湯温泉道名人会、大阪観光大学観光学研究所
後援:別府市役所、別府市旅館ホテル組合連合会、別府市観光協会

以下、申込書の内容です。

温泉観光実践士養成講座(別府)
「受講申込書」
フリガナ
氏名
男 ・ 女

住所  〒
Tel:
Fax:
e-mail:

【個人情報の取り扱い】
皆様の個人情報は、温泉観光実践士養成講座実行委員会が管理し、法令などに基づき開示する場合を除き、本人の同意なく開示・提供することはありません。

e0183842_1774785.jpg

by onsentourism | 2015-02-09 17:02 | ニュース

第6回温泉観光実践士養成講座のお知らせ(2014年04月12日)

●観光学研究所ホームページ内開催要項
 http://www2.meijo.ac.jp/mei-kanken/kouza140628.html

受講申込書
e0183842_1291413.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-kanken/onsenmoushikomisyo2014.pdf
ポスター
e0183842_1291413.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-kanken/onsenposter2014.pdf


e0183842_11323036.jpg第6回温泉観光実践士養成講座のお知らせ

大阪観光大学観光学研究所
温泉観光実践士養成講座実行員会

【開講の趣旨】
大阪観光大学観光学研究所では、「温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成」を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士養成講座」を開催し、今年で6年目を迎えました。本講座は主に実践面を重視した講座であり、平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。主な科目は「温泉分析書の見方・読み方」「温泉地の活性化」「関西の温泉地」などで、その他、第5回からは「温泉地と旅行企画」、第6回の今年は新たに「温泉施設の経営」を開講し、科目の充実を図っております。

観光学研究所では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。しかし、21世紀に入って、温泉偽装・ガス爆発・レジオネラ症・震災・雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。こうした温泉に関するマイナス面を是正し、困難を克服するための一助として本講座を企画した次第です。

本講座では、全講義受講生に対して、観光学研究所所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行し、3回以上の受講生に対して「温泉観光管理士」、5回以上の受講生に対して「温泉観光診断士」の認定証を発行致します。

なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の「温泉経営管理研修会」、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会主催の「温泉観光士」の講座を紹介致します。



【講師の紹介】(講義順)
内田 彩 … 担当科目(温泉地の歴史) 大阪観光大学観光学部・専任講師
山路茂則 … 担当科目(温泉地と文学) 観光学研究所・客員研究員
高垣 聡 … 担当科目(温泉の定義と分類、温泉の成分と泉質・効果)観光学研究所・客員研究員
高橋祐次 … 担当科目(温泉分析書の見方・読み方)観光学研究所・客員研究員
中村源吾・西口正敏 … 担当科目(温泉施設の経営) 花山温泉(和歌山市)
浦 達雄 … 担当科目(温泉地の活性化) 大阪観光大学観光学部・教授
崎本武志 … 担当科目(温泉地と旅行企画) 大阪観光大学観光学部・准教授
中尾 清 … 担当科目(関西の温泉地) 大阪観光大学観光学部・教授

【開催日時と講義内容】

[1]2014年6月28日(土)
09:15-09:45 受付 
09:45-10:00 開講式 … 観光学研究所・所長
10:00-11:00 (1)温泉地の歴史 … 内田 彩
11:10-12:10 (2)温泉地と文学 … 山路茂則 
12:10-13:00 昼休み 
13:10-14:10 (3)温泉の定義と分類 … 高垣 聡
14:20-15:20 (4)温泉の成分と泉質・効果 … 高垣 聡
15:30-16:30 (5)温泉分析書の見方・読み方 … 高橋祐次
16:30以降 移動(送迎付 17:00大学出発)
18:30~20:00 懇親会(犬鳴山温泉み奈美亭)(自由参加)
 
[2]2014年6月29日(日)
09:15移動(送迎付 09:15 み奈美亭正門玄関前出発)
10:00-11:00 (6)温泉施設の経営 … 中村源吾・西口正敏
11:10-12:10 (7)温泉地の活性化 … 浦 達雄
12:10-13:10 昼休み 
13:10-14:10 (8)温泉地と旅行企画 … 崎本武志
14:20-15:20 (9)関西の温泉地 … 中尾 清
15:20-15:50 レポート作成
15:50-16:10 閉校式・認定書授与 … 観光学研究所・所長

【開催場所】
大阪観光大学
〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目500円、資料代1,000円。9科目受講(資料代込み)の場合は5,000円とします。
1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万3,110円(1泊2食、1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。
日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,560円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収致します。
また、両日共、昼食が必要な方には、1,000円/1日でご用意致します。

【申込み方法】
郵便局から下記の口座に受講料を振り込んだ後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送りください。

振込先: 口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
       振込期限: (宿泊の場合)  2014年6月11日(水)
             (日帰りの場合) 2014年6月18日(水)

申込書送付先:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
       大阪観光大学「温泉観光実践士」
       Tel 072-453-8222  Fax 072-453-1451
       e-mail kouza@tourism.ac.jp

※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせていただきます
※いったん振り込まれた料金の払い戻しは原則できませんので、ご留意ください。



by onsentourism | 2014-04-12 17:22 | お知らせ

第6回温泉観光実践士養成講座(第2報)(2014年03月12日)

第6回温泉観光実践士養成講座(第2報)です。

開催日時等は、以下の通りです。
2014年6月28日(土)と29日(日)の両日です。
受講料は、テキスト代込みで5,000円の予定です。
宿泊(希望者のみ)は、犬鳴山温泉の「み名美亭」となります。
1泊2食で、12,000円(税別)です。
2次会用の酒は、中国酒ですが、タップリと用意しました。乞うご期待!
なお、2次会参加費は、例年どおり無料の予定です。

募集要項について問い合わせがありましたが、2014年4月中頃アップする予定です。

現在、「温泉施設の経営」(担当は花山温泉)を入れて、「温泉分析書の見方・読み方」(講師交代)を行い、「温泉旅館の経営」はカットする考えです。
by onsentourism | 2014-03-12 19:42 | お知らせ

第6回温泉観光実践士養成講座(速報)(2014年02月25日)

第6回温泉観光実践士養成講座の開催日時が確定しました。
以下の通りです。
2014年6月28日(土)と29日(日)の両日です。
宿泊は、犬鳴山温泉の「み名美亭」となります。
1泊2食で、12,000円(税別)です。
受講料はテキスト代込みで、5,000円の予定です。
by onsentourism | 2014-02-25 17:25 | ニュース

第5回温泉観光実践士養成講座開催のご案内(2013年04月08日)

第5回「温泉観光実践士」養成講座(2013年)の開催要項が完成しました。

● URA研究室のホームページ内
 http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/kouza130629.html

受講申込書
e0183842_2041323.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/onsenmosikomisho2012.pdf
ポスター
e0183842_2041323.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/onsenposter2013.pdf

お問い合わせ先 kouza@tourism.ac.jp
ご質問などは、t-ura@tourism.ac.jp(浦 達雄)まで、お願いします。


e0183842_16302793.jpg【開講の趣旨】
大阪観光大学観光学研究所では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。しかし、ここ数年、温泉偽装、ガス爆発、レジオネラ症、震災、雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで、観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。

そこで、観光学研究所では、温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士」養成講座を開講することにしました。主に実践面を重視した講座を意図しており、温泉分析書の見方・読み方、温泉旅館の経営、温泉地の活性化、関西の温泉地などの科目を取り入れました。今回は、第2回(2010年6月実施)、第3回(2011年6月実施)、第4回(2012年6月実施)に引き続き、第5回(6月29日・30日)を開催するに至りました。

講師は、研究所の研究員及び客員研究員で、温泉及び温泉地に関する大阪を代表する専門家であります。実践面を重視した平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。全講義受講生には観光学研究所所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行し、3回以上の受講生に対して「温泉観光管理士」の認定証を発行致します。

なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の温泉経営管理研修会、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会開催の温泉観光士の講座を紹介致します。



【講義内容と担当者】

[1] 2013年6月29日(土)
09:15-09:45 受付
09:45-10:00 開講式 … 観光学研究所所長
10:00-11:00 (1)温泉地の歴史 … 内田 彩
11:10-12:10 (2)温泉地と文学 … 山路 茂則 
12:10-13:00 昼休み
13:10-14:10 (3)温泉の定義と分類 … 高垣 聡 
14:20-15:20 (4)温泉の成分と泉質・効果 … 高垣 聡
15:30-16:30 (5)温泉分析書の見方・読み方 … 高垣 聡
16:30以降 移動(送迎付 17:00大学正門出発)
18:30~20:00 反省会(犬鳴山温泉み奈美亭)(自由参加)

[2] 2013年6月30日(日)
09:00 移動(送迎付 09:15み奈美亭正門玄関前出発)
10:00-11:00 (6)温泉旅館の経営 … 浦 達雄
11:10-12:10 (7)温泉地の活性化 … 小堀 貴亮
12:10-13:00 昼休み 
13:10-14:10 (8)温泉地と旅行企画 … 崎本 武志
14:20-15:20 (9)関西の温泉地 … 中尾 清
15:20-15:50 レポート作成
15:50-16:10 閉校式・認定書授与 … 観光学研究所所長

【講師の略歴】
いずれも観光学研究所・温泉愛好会のメンバー

内田 彩 … 担当科目:温泉地の歴史、大阪観光大学観光学部・専任講師
浦 達雄 … 担当科目:温泉旅館の経営、大阪観光大学観光学部・教授
小堀貴亮 … 担当科目:温泉地の活性化、共栄大学国際経営学部・専任講師
崎本武志 … 担当科目:温泉地と旅行企画、大阪観光大学観光学部・准教授
高垣 聡 … 担当科目:温泉の定義と分類、温泉の成分と泉質・効果、温泉分析書の見方・読み方、昭文社まっぷる「温泉&やど」「日帰り温泉」シリーズ・編集長
中尾 清 … 担当科目:関西の温泉地、大阪観光大学観光学部・教授
山路茂則 … 担当科目:温泉地と文学、生活文化研究家

【開催場所】
大阪観光大学
〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目500円、資料代1,000円。9科目受講(資料代込み)の場合は5,000円とします。
1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万2,750円(1泊2食(1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,350円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収します。
また、両日共、昼食が必要な方には、1,000円/1日でご用意します。

【申し込み方法】
郵便局から下記の口座に受講料を振り込んだ後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送りください。

振込先: ゆうちょ口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んでください。)
       振込期限:(宿泊の場合)  平成24年6月6日(水)
             (日帰りの場合)  平成24年6月20日(水)

申込書送付先: 〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
        大阪観光大学「温泉観光実践士」
        Tel  072-453-8222  Fax  072-453-1451
        e-mail  kouza@tourism.ac.jp

※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせていただきます
※いったん振り込まれた料金の払い戻しは原則できませんので、ご留意ください。


by onsentourism | 2013-04-08 11:30 | お知らせ

第4回温泉観光実践士養成講座の開催要項(2012年4月23日)

第4回「温泉観光実践士」養成講座(2012年)の開催要項が、確定いたしました。

● 観光学研究所HP
 http://www2.meijo.ac.jp/mei-kanken/kouza120623.html
● URA研究室のホームページ
 http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/kouza120623.html

※上記2ページの内容は、まったく同じです。

開催要項[PDF版]
e0183842_2041323.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/onsenkankou2012.pdf
受講申込書
e0183842_2041323.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/onsenmosikomisho2012.pdf
ポスター
e0183842_2041323.gifhttp://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/onsenposter2012.pdf



第4回温泉観光実践士養成講座の開催要項(要約版)


大阪観光大学観光学研究所
温泉観光実践士養成講座実行員会


e0183842_20383218.jpg【開講の趣旨】
 大阪観光大学観光学研究所では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。

 しかし、ここ数年、温泉偽装、ガス爆発、レジオネラ症、震災、雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで、観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。

 そこで、観光学研究所では、温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士」養成講座を開講することにしました。主に実践面を重視した講座を意図しており、温泉分析書の見方・読み方、温泉旅館の経営、温泉地の活性化、関西の温泉地などの科目を取り入れました。今回は、第2回(2010年6月実施)、第3回(2011年6月実施)に引き続き、第4回(2012年6月23日・24日)を開催するに至りました。

 講師は、研究所の研究員及び客員研究員で、温泉及び温泉地に関する大阪を代表する専門家であります。実践面を重視した平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。全講義受講生には観光学研究所所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行致します。なお、3回以上の受講生に対して、新たに「温泉観光管理士」の認定証を発行することになりました。

 なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所・(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の温泉経営管理研修会、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会開催の温泉観光士の講座を紹介致します。



【開催日時と講義内容】
[1] 2012年6月23日(土)
09:15-09:45 受付
09:45-10:00 開講式 … 観光学研究所・所長
10:00-11:00 (1)温泉地の活性化 … 浦 達雄
11:10-12:10 (2)温泉旅館の経営 … 浦 達雄 
12:10-13:00 昼休み
13:10-14:10 (3)温泉の定義と分類 … 高垣 聡 
14:20-15:20 (4)温泉の成分と泉質・効果 … 高垣 聡
15:30-16:30 (5)温泉分析書の見方・読み方 … 高垣 聡
16:30以降 移動(送迎付。17:00大学正門出発)
18:30~20:00 懇親会(み奈美亭)(自由参加)
 
[2] 2012年6月24日(日)
09:00 移動(送迎付。09:15み奈美亭正門玄関前出発)
10:00-11:00 (6)温泉地の歴史 … 小堀 貴亮
11:10-12:10 (7)温泉地と文学 … 山路 茂則
12:10-13:00 昼休み 
13:10-14:10 (8)温泉と健康 … 中尾 清
14:20-15:20 (9)関西の温泉地 … 中尾 清
15:20-15:50 レポート作成
15:50-16:10 閉校式・認定書授与 … 観光学研究所・所長

【開催場所】
大阪観光大学:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は、原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目500円、資料代1,000円。9科目受講(資料代込み)の場合は5,000円とします。
1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万2,750円(1泊2食(1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,350円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収致します。また、両日共、昼食が必要な方には、1,000円/1日でご用意いたします。

【申込方法】
郵便局から下記の口座に振込後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送り下さい。

振込先: 口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
       振込期限:(宿泊の場合)  平成24年6月06日(水)
             (日帰りの場合)  平成24年6月20日(水)

申込書送付先: 〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
        大阪観光大学「温泉観光実践士」
        Tel  072-453-8222  Fax  072-453-1451
        e-mail  kouza@tourism.ac.jp

※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせていただきます。一旦振り込まれた料金の払い戻しは、原則出来ませんので、ご留意下さい。



by onsentourism | 2012-04-23 21:05 | お知らせ

第4回温泉観光実践士養成講座 講師プロフィール(2012年4月1日現在)

e0183842_16201267.jpg浦 達雄
担当科目:温泉地の活性化、温泉旅館の経営

大阪観光大学観光学部長・教授
大阪観光大学観光学研究所研究員・次長

都留文科大学文学部卒業
立正大学大学院文学研究科修士課程地理学専攻修了
博士(学術)(千葉大学)

温泉愛好会(大阪観光大学)副会長、日本温泉地域学会理事、温泉学会会員、(社)日本温泉協会・学術部委員、別府八湯温泉道初代名人、温泉カリスマ(温泉愛好会)

主著:観光学入門(共著)(晃洋書房)、別府八湯湯遍路日記(クリエイツ.)、別府温泉郷の観光地域形成に関する研究(クリエイツ.)、観光地の成り立ち-温泉・高原・都市-(古今書院)、観光地理学―観光地域の形成と課題―(分担執筆)(同文舘出版)、温泉図鑑-文化編(共著)(日本温泉協会)、入門おとなの温泉旅ドリル(共著)(ダイヤモンド・ビック社)など

講師ホームページ http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/



e0183842_16203771.jpg小堀 貴亮
担当科目:温泉地の歴史

共栄大学 国際経営学部 国際経営学科 観光ビジネスコース 専任講師

千葉大学大学院教育学研究科修士課程社会科教育専攻(地理学)修了
博士(学術)(千葉大学)

大阪観光大学観光学研究所客員研究員、温泉愛好会(大阪観光大学)事務局長、日本温泉地域学会幹事、(社)日本温泉協会・非常勤研究員、別府大学地域社会研究センター客員研究員、温泉カリスマ(温泉愛好会)

主著:房総の地域ウォッチング―おもしろ半島・千葉県の地理散歩(分担執筆)(大明堂)、観光地域社会の構築―日本と世界―(分担執筆)(同文舘出版)、温泉―自然と文化―(分担執筆)(日本温泉協会)、図説・新日本地理―自然環境と地域変容―(分担執筆)(原書房)、観光地理学―観光地域の形成と課題―(分担執筆)(同文舘出版)

講師ブログ http://tourismgeo.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/#!/koborilab



e0183842_1621572.jpg高垣 聡
担当科目:温泉の定義と分類、温泉の成分と泉質・効果、温泉分析書の見方・読み方

昭文社まっぷる「温泉&やど」「日帰り温泉」シリーズ編集長

東京大学文学部卒業

大阪観光大学観光学研究所客員研究員、温泉愛好会(大阪観光大学)副会長、日本温泉地域学会会員、温泉カリスマ(温泉愛好会)

主著:まっぷる「温泉&やど」「日帰り温泉」シリーズ(森祐紀のペンネームで記事執筆多数)(昭文社)、日本全図(制作)(昭文社)、ファイナルファンタジーⅡ完全攻略本[前・後](制作)(徳間書店)など

MPAPPLEコラム
Vol.1 温泉ガイドの金字塔 最新版 今年も充実の出来映えです!!
http://www.mapple.co.jp/mapple/column/pursue/onsen1.html
Vol.2 まっぷる温泉博士登場!"温泉学"は"温泉楽"!?
http://www.mapple.co.jp/mapple/column/pursue/onsen2.html



e0183842_16212961.jpg中尾 清
担当科目:温泉と健康、関西の温泉地

大阪観光大学観光学部・教授、前学部長
大阪観光大学観光学研究所研究員・所長

神戸大学経営学部卒業
同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(前期課程)修了

温泉愛好会(大阪観光大学)会長、温泉学会理事、日本温泉地域学会会員 、温泉カリスマ(温泉愛好会)

主著:観光学入門(共著)(晃洋書房)、神戸と横浜における「都市観光」の展開(たいせい)、観光概論講義(摂河泉文庫)、都市観光行政論(たいせい)、自治体の観光政策と地域活性化(イマジン出版)など

講師ホームページ http://www2.meijo.ac.jp/nakao627ehp/

e0183842_11175928.jpg山路 茂則
担当科目:温泉地と文学

生活文化研究家

関西大学文学部史学科卒業

大阪観光大学観光学研究所客員研究員、温泉愛好会(大阪観光大学)会員

主著:トイレ考現学(啓文社)、トイレ雑記帳(啓文社)、トイレ文化誌(あさひ高速印刷株式会社出版部)、炎と生きるーアサヒ衛陶株式会社前史―(アサヒ衛陶株式会社)、アサヒ衛陶50年史(アサヒ衛陶株式会社)、南近畿国鉄沿線レジャーガイド(分担執筆)(ナンバー出版)、大阪―観光とレジャー情報―(分担執筆)(ナンバー出版)など



by onsentourism | 2012-04-23 21:00 | お知らせ

第4回温泉観光実践士養成講座開催決定(2012年03月31日)

第4回温泉観光実践士養成講座の開催が正式に確定しました。
2012年6月23日(土)・24日(日)の両日です。
今回は諸般の理由で、以下のような科目の順番になる予定です。

2012年6月23日(土)
(1))温泉地の活性化:浦 達雄
(2)温泉旅館の経営:浦 達雄
(3)温泉の定義と分類:高垣 聡
(4)温泉の成分と泉質・効果:高垣 聡
(5)温泉分析書の見方・読み方:高垣 聡

2012年6月24日(日)
(1)温泉地の歴史:小堀貴亮
(2)温泉地と文学:山路茂則
(3)温泉と健康:中尾 清
(4)関西の温泉地:中尾 清

なお、6月26日は、犬鳴山温泉に宿泊して、講師を囲んで懇親会を開催します。

正確な要項は、4月中にアップする予定です。



by onsentourism | 2012-03-31 22:51 | お知らせ


温泉観光実践士協会では、「温泉の正しい理解と温泉地の活性化」をテーマに、温泉観光実践士養成講座を開催しています。3月末は別府、6月末は関西(大阪など)、12月上旬は関東(東京など)での開催です。


by onsentourism

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

講座の目的

温泉を正しく理解し、温泉地の活性化に関する人材を養成します。

養成講座の開講(含む予定)
■和歌山(第9回)(含む大阪)
2017年7月1日・2日
■別府(第3回)
2017年3月25日・26日
■東京(第2回)
2016年12月3日・4日
■別府(第2回)
2016年3月26日・27日
■大阪(第8回)
2016年6月25日・26日
■東京(第1回)
2016年12月3日・4日

CONTENTS
温泉TOP協会
開催要項(全回分)
第7回(2015年6月)
第6回(2014年6月)
第5回(2013年6月)
第4回(2012年6月)
第3回(2011年6月)
第2回(2010年6月)
第1回(2009年7月)
別府第1回(2015年3月)
講師プロフィール
レポート(URA通信)

温泉観光実践士養成講座 事務局
温泉百貨店
〒144-0043
東京都大田区羽田3-19-13
Tel:準備中
Fax:準備中
E-mail:準備中

最新の記事

第22回 温泉観光実践士養成..
at 2019-05-14 15:05
第21回 温泉観光実践士養成..
at 2019-04-17 11:50
第22回温泉観光実践士養成講..
at 2019-04-16 22:59
第20回温泉観光実践士養成講..
at 2018-12-12 17:28
別府八湯検定試験2018の事..
at 2018-07-19 09:58

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2018年 12月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月

最新のトラックバック

記事ランキング

タグ

(17)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
教育・学校

検索